米Google(グーグル)、決済サービス「Google Checkout」提供開始

Google(グーグル)がアメリカで
決済サービス「Google Checkout」の提供を開始したようです。

PayPalを持つeBayとの競合・競争に
注目が集まっているようですが、
私は検索結果画面に表示されるアドワーズの
アイコン表示や「Google Checkout」の導入の容易さに注目しています。

Googleでの検索時に表示されるアドワーズ広告に
「Google Checkout」を利用可能な店舗は
横に小さな緑色のショッピングカートのアイコンが表示される、

また、異なる店舗でネットショッピングする場合にも
Google Checkoutがすべての決済情報を管理しているため、
どこで何を購入したかを一覧することができ、
別々の請求書に悩まされる必要もなくなり、
Googleという巨大なショッピングモールで買い物をする感覚だ、

この2点がとても気になります。

そして、さらには、

Google Checkoutは店舗側が利用しやすいように工夫がされている。
ショッピングカートを使用しない最も簡単な利用方法の場合、
Google Checkoutが提供するHTMLコードをWebサイトに貼り付けるだけで作業は完了する。
より高度な機能を利用した独自のアプリケーションを
構築したい場合には「Google CheckoutAPI」が提供されており、
これを使って独自アプリケーションを構築できる。

ということですので、

ネットショップを始める際
導入や設定の面倒なショッピングカート(買い物カゴシステム)を利用せずに
Google CheckoutのHTMLコードをちゃちゃっと貼り付けるだけで
ネットショップを開店できてしまうってことになります。

はてさて、この「Google Checkout」は普及するのでしょうか。
もしアメリカで普及したら日本でも提供されることになるでしょう。

そうなったとき、ネット物販に大きな変化が訪れるかもしれません。
アドワーズ広告の横に「Google Checkout」導入店はアイコンが表示されるとのことですが、将来的には通常の検索結果にも「Google Checkout」導入店はアイコンが表示されるようになるかも知れませんし。
そうなれば、まさに、Googleという巨大なショッピングモールが誕生するということになります。

アメリカでの普及状況をウォッチしていきたいと思います。
ネットショップ運営者にとって集客手段の大きな転換期が来るかもしれませんね。

詳しくはインターネットウォッチのページでどうぞ

 
[PR] ホームページ制作のかしこい依頼の仕方 | 海外送金口座とクレジットカード | 美白美肌基礎知識 | ウェブ制作・ネットショップ制作