メイン

2006年06月21日

売れ出すと気づくバックヤードシステムの大切さ

受注管理・入金確認処理・発送業務・在庫管理、その他いろいろなメール処理、売れ出すとあまりの作業量の多さに燃えつきかねません。

「ウチは最初はそれほど売れないだろうから」「ウチは売れ始めてからでも充分」とか思っていませんか?
ネットショップをはじめる方のほとんどの方はそう思って、バックヤード処理のことをあまり考えずにはじめてしまいます。

そして売れ始めるとあまりの作業量の多さに時間がとられて、精神的にも肉体的も疲れてしまいます。
また処理の遅れが続発してクレームが発生し、クレームの処理にない時間をさらに費やしてしまい・・・という悪循環におちいってパニック状態になってしまうネットショップ運営者もいます。

せっかく努力した結果として売れ始めたのに、それまでの努力が水の泡となってしまいかねません。
私も仕事でショップ運営支援をしていますから、そういう実例を何度か目にしたことがあります。
また繁盛店となられた方の体験談を見聞きすると、やはり売れ始めるとバックヤードの問題にブチ当った経験をお持ちのようです。

不思議なことに売れ始めると、さらに勢いがついて売れていきます。
そういう状況になってバックヤードシステムを導入しようとすると、どうしても新しいやり方になりますから、最初は新しいシステムになれていないので思うように処理が進まず、さらに悪循環を増大させてしまうということもになってしまうこともあります。
それでもうどうにもならずに、一時閉店・一時注文受付を中止、という手段をとらざるをえないということになります。
せっかく売れ出した勢いを止めることになり、その勢いを再び取り戻すにはそれなりの時間を費やしてしまう、ということになりかねません。

経験上1日のオーダー数が20~30になってくると、1~2人で処理をしている場合には処理しきれなくなるという現象が起きてくるように思います。
こまめにメールを送る状況にある、問い合せが多い商品を取り扱っている、という場合は1日のオーダー数がもっと少ない段階で限界点が訪れるかも知れません。

良い評判を耳にするのは「おてがる通販」というネットショップ用管理ソフトです。
多くのネットショップで継続的に使用されているので信頼性があるのだと思います。
(私はバックヤード処理の部分には関わったことがないので、残念ながらこのソフトを使用している現場を見たこともありません)

「おてがる通販」はちょっと高額かな?と思われますので、売れるかどうか分からないのに買えないという方も多いと思います。出来れば最初から導入した方が良いですが、「なんか売れ行きが良くなってきたぞ」という手ごたえが出てきたらあまり忙しくならないうちに購入してなれておくと良いでしょう。

「おてがる通販」の他にも優れたソフトはあるかも知れませんが、残念ながら私は他のソフトについて詳しい情報を持っていません。