4) メルマガ購読を懸賞応募の条件とするか否か

ここは私も正直悩むところです。

メルマガ購読を前提とすると、応募者が少なく、メールアドレスの集まりが悪くなります。
しかし、良質の見込み客の方達のアドレスが集まる傾向にあります。

一方メルマガの購読を応募条件にしないと、応募者は多いです。
しかし、その中でメルマガの購読登録をしていただける割合は30%ほどです。しかもその30%の方の中には当選者発表と同時に解除をしてしまわれる方もいます。

結局のところ、継続的なメルマガの読者となっていただける数にそれほどの違いはないのですが、プレゼント企画をせっかくやるのだから応募者が少ないと寂しいと感じるのは確かです。
また、メルマガの読者登録をしていただけなくても、プレゼント応募を機会に、一度でもショップの存在を知っていただく機会になれば、という考え方もアリとも思います。

したがいまして、メルマガ購読をプレゼント応募の前提条件するか否かは、各々の判断でやってみてください。前提条件にした場合と、しなかった場合のデータをとるなどして試行錯誤してみるのも良いでしょう。


 
[PR] ホームページ制作のかしこい依頼の仕方 | 海外送金口座とクレジットカード | 美白美肌基礎知識 | ウェブ制作・ネットショップ制作