メイン

2006年06月21日

訪問者がどこからどのようなキーワードでやって来たか知りましょう

アクセス解析とはご自分のホームページに訪問者が、いつ、ごこから、どのようなキーワードで、どのページへやって来たのか、などを知るために是非やって下さい。

アクセス解析なしにネットショップ運営をすることは、目隠しをして道を歩くようなものと言っても言い過ぎではないと思います。

またSEO対策も訪問者のアクセス・データを知ることによって、対策することが可能となります。
ちなみにSEO対策とは「検索エンジンの上位に自分のホームページが表示されるように 工夫すること」を言います。

ネットショップで商品やサービスを販売するのでしたら、まずはアクセスしてもらはないと売れません。
そのアクセスを誘導する場所のひとつとして非常に重要な場所が検索エンジンとなります。
商品を欲しいと思っている方は検索エンジンで商品名等を入力して、販売しているネットショップを探します。(直接楽天市場やヤフーショッピングにアクセスして探す場合もありますが)
その時に検索結果として1ページ目や2ページ目に表示されるかそうでないかによってアクセス数は格段に違ってきます。

そのために多くのネットショップはSEO対策に励んでいます。
SEO対策とはキーワード対策と言ってもいいくらいに、ホームページや商品ページのキーワードの決め方が重要になってきます。
そのキーワードの選定と対策をする上でアクセス解析は基となるツールです。
ですからアクセス解析は必須のものと思ってください。


必ずしもトップページが入り口となっている訳ではありません

アクセス解析をすれば分かると思うのですが、ホームページへのアクセスは必ずしもトップページが入り口となっている訳ではありません。

というより、トップページ以外のページが入り口となっている場合が多いのです。
さらには一番アクセス数が多いページがトップページでないということもあります。

それに一番アクセスされている商品が一番売れている商品とは限らないことがあるということにも気づくでしょう。
「それはなぜなのか?」等、その事実を知ることでページの作り方上の対策、商品提示上の対策、紹介文を変える、商品写真を取り直す等の対策の必要があると知ることもできます。

また一番アクセス数が多いページに手を加えることによって、アクセスして欲しいページへ誘導するという対策も可能でしょう。

このようにアクセス解析はネットショップを運営していく上で、なくてはならないツールの一つと言えます。

アクセス解析をするには?

モール出店をされる方はシステムにアクセス解析が含まれています。

独自店出店をされる方は、レンタルしたサーバーにサービスの一つとして提供されている場合もあります。しかしながら、提供されるアクセス解析が機能的に低い、操作しづらい、分かりづらい場合もあります。そういう場合は無料・有料(低額で契約できます)のアクセス解析サービスと契約して導入すると良いでしょう。

検索エンジン等で「アクセス解析」で検索をすれば無料・有料のアクセス解析サービス・サイトがたくさん出てきますので、その中から選択すると良いでしょう。

ちなみに私は「SINOBI(忍)」の有料版を使っています。