メイン

2006年06月21日

ネットショップでの決済システムの種類

「郵便振替」「代引き」「銀行振込」これらは最低限の決済システムとして上げられると思います。
その他にクレジットカード決済も今では必須となっていますし、コンビニ決済も一般的になりつつあります。

「銀行振込」の口座ですが、業務上通常ご利用になっている都市銀行や地方銀行、信用金庫の口座の他に、「ネット銀行」の口座を用意しておくとさらに良いでしょう。
近頃は「ネット銀行」を使用する人たちが多くなり、手数料の安い「ネット銀行」の口座があると喜ばれます。
ジャパンネット銀行やイーバンク銀行があります。

「代金引き(代金引換)」はヤマト運輸や佐川急便など商品の発送でご利用になる業者さんへ相談すれば手続きをしてくれます。郵便局も対応してくれます。

「クレジットカード決済」の契約ですが、これもヤマト運輸や佐川急便へ相談すれば手続きをしてくれます。
また買い物カゴ(ショッピングカート)のレンタル業者さんも提携している「クレジットカード決済」サービス会社を持っていますので、こちらの会社と契約しても良いかも知れません。この場合買い物カゴ(ショッピングカート)との連動性が優れいてる面があります。
「クレジットカード決済」サービス会社によって導入経費や契約料、1件あたりの手数料などの設定が微妙に違いますので、事前に比較検討し、シミュレーションもして契約先を選ぶことをオススメします。

上記決済の他に近頃利用度が増えているのが「コンビニ決済」です。
クレジットカードを持たない若者層や後払いで安心して買いたい人たち、しかも24時間いつでも支払えると言うことで「コンビニ決済」を選ぶお客様が増えてきています。
「コンビニ決済」の提供会社もいくつかありますが、私が個人的にオススメできるのはネットプロテクションズ社の「NP後払いシステム」というサービスです。
代金未回収の場合でもその損失はネットプロテクションズ社側で被り、ネットショップ側は一切損失を被りません。また後払いの代金支払い場所としてお客様が「コンビニ」「銀行」「郵便局」からし払いたい場所で支払い可能となっています。

以上で書きましたように「郵便振替」「代引き」「銀行振込(ネット銀行も)」「クレジットカード決済」「コンビニ決済」を決済システムとしてご用意されると良いと思います。

後払いは危険か?

ネットショップ運営者にとって代金未回収はとても心配なことです。
「後払い」にはしたくない、と思うことでしょう。

私もネットショップ運営の場にいくつか立ち会って来た経験がありますので、後払いのリスクはある程度知っています。

その経験から私の個人的な考えですが、「銀行振込(郵便局も含む)」「郵便振替」での後払いはどうしても未回収が避けられないようです。
いくら催促しても支払いに応じない方がいらっしゃるのは確かです。

しかしながら一方買い物をする側の視点に立つと、お客様側でもちゃんと商品が送られてくるのだろうかという不安もあるようです。その場合後払いがあると安心して買い物が出来るとおっしゃいます。

その両者のニーズを満たすものとして前ページでも述べましたが、ネットプロテクションズ社の「NP後払いシステム」がありますので、このシステムの導入を考えてみのるも良いのではないかと思います。