メイン

2006年06月21日

HPデータを置くサーバーとネット上の住所ドメイン

ホームページを作ってもそれをインターネット上に公開しないと誰も見ることは出来ません。
ホームページを広く世界に公開するためにデータを置く場所がサーバーとなります。

またホームページを他の人たちに見てもらうためには、私のホームページはここにありますよと言わば「住所」を教えてあげなければなりません。
その住所がドメインとなります。

楽天市場やヤフーショッピング等モール店へ出店する場合はサーバーを借りなくてもOKですし、ドメインを取得しなくてもOKです。
モール側がサーバーとドメインを用意いてあります。

それでは次のページでサーバーとドメインについてもうちょっと詳しくご説明いたします。

サーバーとは?

サーバーとは簡単に言うと、作成したホームページデータ(ファイル)を置くネット上の場所です。

皆さんはインターネットに接続するためにプロバイダと契約して、そのプロバイダからサービスとしてサーバーも提供されていると思います。
だからあらためてサーバーを借りる必要はない、と思われるかも知れませんが、プロバイダからサービスで提供されているサーバーはいろいろと(CGI設置などに関して等)制限があり、ネットショップをやるにはその制限が足かせとなって、やりたいことが多々できないということになりますので、サーバーは別途レンタルサーバーを借りるようにしましょう。

近頃では月額2000円以下で充分なサーバーを借りられますので、ここはケチらないでレンタルサーバーを借りましょう。
低価格のものでしたら月額数百円のレンタルサーバーもあります。

私が実際に使っていて個人的にオススメできる低価格のレンタルサーバーはロリポップ・サーバーです。
「ロリポップ」という名前は多少変ですが(笑)、低価格高機能レンタルサーバーとして多くの方々から評価を得ているサーバーです。また、ここはIT企業として名高いGMOと提携関係にもあることからも信頼して良いと思います。

「ロリポップ」の他にも優れたレンタルサーバーもあると思いますので、検索エンジン等で「サーバー 比較」等のキーワードを入力して検索すれば多くのレンタルサーバー会社やレンタルサーバー比較サイト等が検索できますので、評価や評判を読んでレンタルサーバーを選んでみて下さい。

ドメインとは?

一般的にはURL(ユー・アール・エル)と言われるネット上の住所のことです。
例えば http://www.○○○.com/ などのことです。

レンタルサーバーを借りても、そのサーバーに住所を付けてあげないと、誰も見ることができません。
住所を付けてあげるためには、その住所を取得しなければなりません。

住所(ドメイン)は基本的に自分で好きな住所が付けられます。
ただし誰かがその住所を先に使っていれば使えませんが。

住所には「○○○.com」「○○○.net」「○○○.jp」「○○○.co.jp」等があります。
「○○○.co.jp」は法人でなければなりません。また取得手続きが面倒、取得費用が少し高いということがあります。
「○○○.com」「○○○.net」は世界中の誰でも取得できます。
「○○○.jp」は汎用JPドメインと言って、日本国内に住所があれば誰でも取得できます。

ドメイン取得は最低1年契約となります。継続して使いたければ契約更新して使い続けることが出来ますもちろん1年以の契約をしてもかまいません。
ちなみに私は多数のドメインを持っています。ほとんどは1年契約で取得していますが、中には6年契約しているドメインもあります。

ドメイン取得料金ですが、「○○○.com」「○○○.net」は今では年額千円以下で取得できます。
「○○○.jp」も4千円前後で取得可能です。
レンタルサーバーもそうですが、クレジットカード決済で契約すればその場で取得・契約が可能で、即時使えるようになります。

また、ドメインはレンタルサーバーを借り替えても継続して使用することが出来ます。

ドメイン取得仲介業者さんは沢山ありますので、検索エンジン等で「ドメイン 取得」等のキーワードで検索してみて、低価格でしかも信頼できる業者さんで取得すると良いでしょう。

ちなみに前項の「レンタルサーバーとは?」でご紹介したロリポップでは「ムームー・ドメイン」というサイトでドメイン取得の仲介業をしています。
業界最安値とも言われる低価格で提供されていますので、こちらでドメイン取得されても良いかも知れません。
私はほとんどムームー・ドメインで取得・契約しています。