6) アクセスビリティをしっかり考えたページ作りをしましょう

アクセスビリティとは簡単に言うと、目的のページへ快適に行ける、ということです。
訪問者の方が迷子にならないように、と理解されてもOKです。

訪問者の方がネットショップでいろいろと商品を見ているうちに、自分が今どのページにいるのか分からなくなるようなショップがありますが、そのようなサイトはアクセスビリティが良くないということになります。

そのようなことを避ける方法として、階層が何層にもなる作り方をしないようにするのが一つの方法です。
多くても3階層まで、と理解しておくと良いでしょう。
それ以上の階層になっても良いのですが、訪問者の方が迷わないということを充分に注意されて作るようにしてください。

迷った訪問者は他のホームページへ行ってしまう場合が多いです。
イコール販売機会の損失ということになりますので。

 
[PR] ホームページ制作のかしこい依頼の仕方 | 海外送金口座とクレジットカード | 美白美肌基礎知識 | ウェブ制作・ネットショップ制作