各ホームページ作成ソフト(HP作成エディタ)について

IBM ホームページ・ビルダー:
これ一つで作成したHPのサーバーアップのFTPや画像編集・加工も出来るので非常に使い勝手が良いです。
また「携帯ページ作成機能」、「ショップ開設機能」もついています。
注意点としてホームページ作成時に「どこでも配置モード」は使用しないようにして下さい。「どこでも配置モード」で作るとブラウザによってはページのレイアウトがめちゃくちゃに崩れて表示されます。
価格的にもお手頃です。

Dreamweaver(ドリームウィーバー):
マクロメディア社のホームページ作成ソフトです。
どちらかと言うとプロユースということで、最初に使用するホームページ作成ソフトとしてはかなりハードルが高いかもしれません。
将来的に専門家的領域まで達したい、既に「ビルダー」などでホームページ作成を経験されていて、さらなるステップアップをしたい、という方にはオススメです。
プロユースということもあり価格的にも高価です。

FrontPage(フロントページ): 
マイクロソフト社のオフィスシリーズのホームページ作成ソフトです。
マイクロソフトのオフィスがパソコに入っていて、フロントページも入っている方はフロントページを使用するのも良いと思います。
個人的には初期のフロントページしかしらないのですが、使用感が良くなかったという印象があります。

Adobe GoLive(ゴーライブ):
アドビ社のホームページ作成ソフトです。
アドビユーザーの方は、フォトショップやイラストレーターとインターフェイスの共通点もあり「ゴーライブ」を使用するのが良いかもしれません。
個人的には使用した経験がありませんので、操作性など使用感については分かりません。 


 
[PR] ホームページ制作のかしこい依頼の仕方 | 海外送金口座とクレジットカード | 美白美肌基礎知識 | ウェブ制作・ネットショップ制作