信頼とブランド力で選ぶなら三井住友VISAカードETCカード

三井住友VISAカード ETCカード (*年会費無料)

三井住友VISAカード ETCカードの画像 三井住友VISAカード & ETCカード公式ページ ≫
安心と信頼のカードブランドとして選ばれる三井住友VISAカードのETCカードです。
24時間365日カードのモニタリング、インターネットショッピングをご利用の際にパスワードによる本人確認、希望により写真入りカードも可能で、高いセキュリティ体制により不正利用のリスクに備えていますので、安心してクレジットカード・ETCカードを使いたいという方に選ばれています。

ポイント還元率は0.5%と平凡ですが、電子マネー「WAON」「PiTaPa」「iD」利用分もポイント付与対象となっています。
また、三井住友VISAカードの「ワールドプレゼント・ポイント」は、ポイント利用先・ポイント交換先が豊富なので、自分に合ったポイントの使い方もできるカードとなっています。

クレジットカードとETCカードが、最短で3営業日発行可能ですので、お急ぎの方にもオススメのETCカードです。

(*)カード年会費は、初年度年会費無料、次年度から税抜1,250円+税ですが、ウェブ明細やマイ・ペイすリボ登録などの条件により次年度も無料または割引になります。
ETCカード初年度年会費無料です、次年度から税抜500円+税ですが、年に1回でもETC利用があると次年度も無料です。



●三井住友VISAカードの学生・新社会人向け『三井住友VISAデビュープラスカード』はこちら ≫

【新規入会特典】
2018年9月28日までに、新規入会された方を対象に、入会およびカード発行後のご利用に応じて最大10,.000円分をキャッシュバック



三井住友VISAカード・ETCカードのおすすめめポイント


高いカードセキュリティ体制
三井住友VISAカードは、ネットやリアルでの不正利用、盗難・紛失の際の不正利用などを防ぐために、高いカードセキュリティ体制を整えています。

カード不正使用検知システム
業界最高水準の不正使用検知システムで、24時間365日カードのモニタリング(不審カード利用チェック)を行っております。

ネットショッピング認証サービス
インターネットショッピングやインターネットでの決済時にクレジットカードを利用の際に、本人が予め登録したパスワード入力を求めることによる本人確認を行います。

ICチップ搭載
ICチップを標準搭載することで、磁気カードの何十倍もの情報をICチップに蓄積可能となり、従来は不可能だった情報の暗号化など、高度な安全対策機能を取入れることが可能なうえ、偽造が困難となっています。

三井住友カード会員保障制度
もしもカードが不正利用された場合でも、特別なケースを除き、紛失・盗難の届け出日の60日前からその損害が補償されます。

写真入りカード
リアル店舗での利用時に限られますが、顔写真による本人照合が行えるため、カードの紛失、盗難時に心配な不正使用を未然に防げます。
顔写真入りカードにする・しないは、任意で選ぶことができます。また、後に、顔写真入りカードに変更することも可能です。年会費は変わりません。


豊富なポイント利用とポイント交換
ポイント還元は高いけれど、ポイントの使い方が限られていて使えないというカードも中にはあるのですが、三井住友VISAカードの「ワールドプレゼントポイント」はポイント交換先も豊富なので、お好みの使い方ができます。

商品・商品券への交換
一番スタンダードな交換として、商品やグッズ、商品券への交換があります。
この場合、商品にもよりますが概ね「1ポイント=5円」換算での交換となります。

交換できる商品券の一例としては、VJAギフトカード、三井住友プレミアムギフトカード、ハーゲンダッツギフト券、タリーズカード、ルートインホテルズご宿泊優待券など。

カード利用代金へ充当
クレジットカードやETCカードの利用代金の支払いにポイントを充てることもできます。
この場合は、「1ポイント=3円」換算となりますので、2円分を損することになってしまいます。

電子マネー系ポイントへの交換
楽天Edy・Suica・WAON・nanaco、各々のポイントへポイント交換することもできます。
この場合、「1ポイント=5円」換算での交換となります。
これらの電子マネーを利用されている方で、ポイントを現金に近い形で使いたいという方はこの交換方法がオススメです。

iD利用代金へ充当
三井住友VISAカード・デビュープラスは、おサイフケータイ「iD」の登録・支払いもできるのですが、その「iD」利用代金へポイントを充当することもできます。
この場合、「1ポイント=5円」換算での交換となります。
コンビニなどでの少額の決済に「iD」を利用することで、少額利用も無駄にせずポイント獲得につなげ、その「iD」利用分支払いへポイントを充当するという使い方も良いのではないでしょうか。

他のポイント制度への交換
「ワールドプレゼント」ポイントは、他のポイント制度との提携によりポイント交換が可能となっています。
交換できるポイント制度先は「楽天スーパーポイント」「Tポイント」「ANAマイル」「シンガポール航空マイル」「アリタリア航空マイル」などがあります。
この場合、ポイント交換先にもよりますが、概ね「1ポイント=5円」換算での交換となります。


豊富な追加可能カード
三井住友VISAカードは、追加発行できるカードとして、ETCカードはもちろんのこと、イオン系の電子マネー「WAON(ワオン)」、大阪市交通局のIC乗車券・電子マネー「PiTaPa(ピタパ)」、おサイフケータイ「iD」を追加発行できます。
「iD」は携帯・スマホでの利用も可能です。


最短3営業日発行
三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行のいずれかに銀行口座をお持ちの方でしたら、最短3営業日でカード発行が可能となります。お急ぎの方にもオススメです。


海外旅行傷害保険
利用付帯となっていますが、死亡・後遺障害保険金額最高2000万円の海外旅行傷害保険が付帯されています。
利用付帯ですので、三井住友VISAカードで旅行代金を支払うことで適用となります。


次年度以降も年会費無料に
三井住友VISAカードは、クレジットカードが入会初年度年会費無料、次年度からは税抜1,250円+税となっていますが、以下の条件を満たせば次年度も無料または半額となります。

1.カード利用代金明細をウェブWEB明細書サービスの利用で、年会費が税抜750円+税に。
2.「マイ・ペイすリボ」への登録年1回以上のカード利用年会費無料に。
※「マイ・ペイすリボ」とは三井住友VISAカードのリボ払いサービスの名称です。「マイ・ペイすリボ」への登録だけをし、実際にはリボ払いを利用しなくてもOKです。

ETCカードは初年度無料、2年目以降は税抜500円+税ですが、年間で1度でもETC利用があれば次年度も費無料になります。

「WAON(ワオン)」、「PiTaPa(ピタパ)」、「iD」の利用も可能で年会費はありません。
これらの電子マネー利用分もポイント付与対象です。

家族カードは、一人目に限り、初年度無料。
次年度からは、税抜400円+税となりますが、本会員と同様の条件で次年度も無料になります。

三井住友VISAカード ETCカードの基本概要

年会費

初年度は無料。 2年目以降、税抜1250円+税。
※ウェブ明細料などの条件を満たすことにより、次年度も年会費無料または割引になります。

 

ETCカード年会費は初年度無料、2年目以降は税抜500円+税ですが、年間で1度でもETC利用があれば翌年度も年会費無料になります。

カード入会基準

満18歳以上の方。
高校生は除く。未成年の方は親権者の同意が必要です 。

カード発行時間

最短3営業日
三井住友VISAカード申し込み時にETCカードも同時に申し込めます。

国際カードブランド VISA マスターカード
付帯保険

海外旅行傷害保険(利用付帯)。
年間100万円までのお買物安心保険(ショッピング補償)。
カード紛失・盗難補償。

カード発行会社 三井住友カード株式会社