ETCカードの紛失や盗難

ETCカードを紛失したら

あまり考えたくないことですが、ETCカードが紛失した場合に必要な手続きなどをご紹介いたします。
ETCカードの紛失や盗難に気づいたら、早急に以下の手続きをしてください。

クレジットカード会社への連絡

ETCカードはクレジットカードです。あるいはクレジットカードと連動しています。
したがいまして、まず第一にすることはクレジットカード会社への電話連絡です。

クレジットカードの紛失・盗難受付デスクは、どのクレジットカード会社も24時間体制で受け付けていますので、大至急ETCカード(ETCクレジットカードやETCパーソナルカード)を紛失あるいは盗難されたことを伝え、クレジットカードの使用停止をお願いします。

紛失・盗難受付デスクの電話番号はネットで調べることができます
PCもしくはスマホ・携帯でネットにつなぎ、検索サイトで「○○○ 紛失」(○○○はクレジットカード名)で検索して調べることができます。
例えばJCBカードのETCカードを利用していて紛失した場合は「JCBカード 紛失」で検索してみてください。

クレジットカードに紛失・盗難保険が付帯している場合は、紛失・盗難後に第三者によって利用された分は補償されます。

また、ETCカードが盗まれた場合は、警察への届出忘れずに


「ハイカ・前払」残高管理サービスの利用停止

「ハイカ・前払」を利用されている方は、クレジットカード会社への連絡の次は、「ハイカ・前払」残高管理サービスの利用停止をします。
前払い金(残高)の悪用を防ぐためです。
利用停止手続きは、インターネットの会員用のログインページから行います。
インターネット接続できない場合は、24時間対応の専用電話(自動音声対応)で行うことが出来ます。の手続きには、ユーザーIDとパスワードが必要なので手元に準備しておきましょう。
インターネットまたは電話で手続きが終わり次第、「ハイカ・前払」残高管理サービスの利用が停止されます。

停止した「ハイカ・前払」残高管理サービスは、ETCカードの再発行受けた後、ETCプラザに指定された書類を提出することで、「ハイカ・前払」残高管理サービスを再開できます。
再発行でETCカード番号が変わった場合は、登録カードの変更手続きも必要となります。
変更手続きがないと、新しいETCカードを使うときに、前の前払金(残高)を使うことができません。