ETCカード利用時の注意点について

ETCカード利用時の注意点

ETCカード及びETC利用時に注意していただきたい点がいくつかありますので、ここでご紹介したいと思います。
思わぬ事故や損害に遭わないためにも、以下にご紹介する点はどうぞ注意してください。

ETCカードをETC車載器にシッカリと入れる

高速道路や有料道路を通行する際には、前もってETCカードをETC車載器へ、しっかりと入れましょう。
入れなれている場合も、再度、ETCカードの挿入を確認しましょう。

ETCカードをETC車載器へ入れ忘れた場合や、しっかりとETCカードが挿入されていないと、ETCレーンを通過しようとしてもバーがあがらず、通過できないばかりか、場合によってはバーに車体をぶつける事故になりかねません。

高速道路・有料道路を通行するときは、事前にETCカードをETC車載器へ挿入し忘れていないか、しっかりと挿入しているか再度確認しましょう。


ETCレーン走行は20km以下で

自動車・バイクでETCレーンを走行する時、スピードが速い状態で通過しようとすると、バーにぶつかることがあります。

また、前方を走っている車が、何らかのトラブルでレーンを抜けられない場合がないとも限りません。
そのような事態になったとき、前方装甲車に追突する事故になりかねません。

ですから、ETCレーンを走るときには、安全を考慮して時速20km以下へスピードを落としましょう。


ETCカードのおき忘れ・抜き忘れ

頻繁に高速道路・有料道路を利用する人に多いのですが、ETCカードをETC車載器に入れっぱなしの方がいらっしゃいます。

いちいち、抜くのが面倒なのでしょうが、車上狙いなどが増えている昨今ですから、盗まれて被害を被る可能性があります。

また、ETCカードが盗まれていないとしても、スキミングなどにより情報を読み取られて、悪用されかねません。もしものために、面倒でも使用するときだけETCカードを入れるようにしましょう。